【2/14まで期間限定54%オフの660円〜】お得にブログを始めたい方はここをTAP

【真相は?】webライターがやめとけと言われる理由と実情

【真相は?】webライターがやめとけと言われる理由と実情

読者の気持ち

webライターに興味があるけど、かなり厳しい世界なのかな…
やってみたいけど、私でもできるのかなぁ…

ぽこ

ネット上で「webライターは難しい・おすすめしない」なんて言葉を目にすることがありますよね。

webライターに興味あって、挑戦してみたいと思ったものの「やめとけ」なんて言葉をみたら、不安になっちゃいますよね。

この記事では、現役webライターの僕が「webライターはやめとけ」と言われる理由を解説します。

また、実際に僕がwebライターの仕事をして感じた悩みや、ライター業界の実情もあわせて紹介しますので、ぜひご覧ください。

【この記事の内容】
  • 「webライターはやめとけ」と言われる理由
  • webライターの実情
  • webライターに向いてる人と向いていない人の特徴
  • webライターのメリット

記事を最後まで読んでいただければ、webライターのリアルな姿と、あなたがwebライターに向いてるかどうかわかるでしょう。

webライターに興味がある方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

webライターに興味がある方で、一人で挑戦するのが不安な場合は、スクールを利用する方法もあります。

スクールに興味がある方は、ぜひ下記の記事もあわせて読んでみてください。

もくじ

「webライターはやめとけ!」と言われる理由

webライターが”やめとけ”と言われる理由には、いくつかの原因があります。

この原因を作っている主な要因が「理想と現実のギャップ」です。

これから、webライターがやめとけと言われる理由を紹介します。

内容は以下のとおりです。

  • webライターは稼げるまでに時間がかかる
  • 人によっては執筆がツラい場合がある
  • 単価が低い案件が多い

それぞれ確認してみましょう。

webライターは稼げるまでに時間がかかる

webライターの主な仕事は、文章の執筆です。

日本語が扱えればどなたでもできる反面で、webライターとして働くには、ライティングの勉強も必要になります。

また、webライターになったからといって、すぐに稼げるわけではありません。

実績や経験が浅いうちは、仕事をいただくまでにも時間がかかるでしょう。

ある程度の収入を安定して稼ぐには、数ヶ月から数年の期間がかかるケースもあります。

人によって執筆がツラい場合がある

webライターは、文章が書ければ仕事ができます。

一方で、好きなことを好きなように書いていいわけではありません。

ブログや日記を書いている時と、webライターとして執筆している時では感じ方が異なるでしょう。

ぽこ

webライターの中にも「ブログを書いてる時は楽しいけど、仕事として執筆してる時は大変」と感じる方は少なくありません。

そのため、文章を書くのが好きで始めた場合でも、仕事をするうちに執筆がツラくなるケースもあります。

単価が低い案件が多い

副業推進や自粛期間の流れから、在宅でできるwebライターの仕事が注目されるようになりました。

webライターとして働きたい人が増加した裏で、ライター案件の単価が下降傾向にあります。

思ったような収入が得られずに、疲弊してしまうライターも少なくありません。

ぽこ

ベテランライターの実績や収入報告を見て「ライターって美味しい仕事なんだ!」と勘違いする方もいます。

「webライターはやめとけ?」実情はどうなのか

「webライターはやめとけ」と言われる理由には、いくつか原因がありますが、実情はどうなんでしょうか?

これから、webライターの実情を紹介します。

内容は以下のとおりです。

  • 軌道に乗るまでが大変
  • 案件が突然終了する場合がある
  • 正しく継続できれば稼げるようになる

それぞれ見てみましょう。

ぽこ

僕が実際に経験して感じたことや、ライター仲間との会話でも、よく話題にあがる内容です。

軌道に乗るまでが大変

まず、webライターは稼げるようになるまでに時間がかかります。

初心者のころは、執筆にも時間がかかりますし、単価もなかなかあがりません。

記事単価や執筆スピードがあがり、クライアントとの関係性が構築されるまでは、辛抱と努力が必要です。

ぽこ

何か物を動かす際に、動き始めるまでが一番大変ですよね。ライターも同じように、流れを作るまでが大変です。

案件が突然終了する場合がある

一般的に会社に所属して働く場合は、突然仕事がなくなったり、収入がなくなったりするケースは少ないでしょう。

webライターの場合は、案件が終了になれば、次の日からその分の仕事と収入がなくなります。

なくなってしまった分の補填がすぐにできるケースもありますが、次の案件を一から探さなくてはいけません。

いつ案件が終了しても大丈夫なように、複数のクライアントと契約するなどのリスクヘッジが必要です。

正しく継続できれば稼げるようになる

webライターは軌道に乗るまでが大変ですが、地道に努力を重ねれば稼げるようになる仕事です。

初心者の頃は、1記事の単価も低く、作業のペースが掴めないため苦労するでしょう。

ライティングのスキルがついて、執筆スピードと記事の単価があがれば、一月に稼げる金額も大きくなります。

また、ライターとしての経験をもとに、ディレクターやマーケター、コンサルタントなど、さまざまな職業への挑戦も可能です。

ぽこ

ライティングスキルは、どんな仕事でも重宝しますよ!

【こんな人はやめとけ!】webライターに向いていない人の特徴

webライターには、向き不向きがあるのも事実です。

これから、webライターに不向きな人の特徴を紹介します。

内容は以下のとおりです。

  • すぐに結果を求める人
  • 同僚と一緒に働きたい人
  • 自己管理が苦手な人

それぞれ確認してみましょう。

すぐに結果を求める人

未経験からwebライターで稼ぐまでには、数ヶ月以上の時間がかかります。

そのため、来週までに・来月までになど、短期間での成果を求める人には向かないでしょう。

とくにwebライターになったばかりの頃は、時給500円以下なんてことも珍しくありません。

どうしても最初から時給1,000円以上を稼ぎたい場合は、近所でアルバイトを探すのが無難かもしれません。

同僚と一緒に働きたい人

webライターは、作業時間のほとんどを一人で過ごします。

LINEやzoomなど、音声通話をしながらの作業は可能ですが、同じ空間で仕事をする機会は少ないでしょう。

そのため、対面のコミュニケーションが好きな方や、同僚と同じ空間で働きたい人にとって、webライターの環境はつらいと感じるかもしれません。

仕事場でのコミュニケーションを重視したい人は、会社に所属する働き方も検討してみましょう。

自己管理が苦手な人

一般的なwebライターには、就業規則がありません。

そのため、仕事とプライベートの区別が曖昧になりがちです。

納期までの仕事のスケジュールや、1日のタスク管理が苦手な人にとっては、webライターの働き方はツラいかもしれません。

就業時間や業務内容など、管理されるほうが楽な人は、会社勤めのほうが向いていると言えるでしょう。

もし、webライターが向いてないなと感じた場合は、他の副業を検討することもできます。

その他の在宅副業に興味がある場合は、下記の記事も参考にしてみてください。

webライターに向いている人の特徴

続いて、webライターに向いている人の特徴を紹介します。

当てはまる場合は、webライターを検討してみると良いでしょう。

webライターに向いている人の特徴は、以下のとおりです。

  • 自主的に考え動ける人
  • コツコツ作業できる人
  • 一人でも作業できる人

それぞれ見てみましょう。

自主的に考え動ける人

webライターは、すべて自分で考えて行動する必要があります。

一般的な仕事のように、指示をしてくれる上司や先輩はいません。

自身で物事を考え判断し、行動できる人はwebライターとしてもうまくやっていけるでしょう。

ぽこ

とはいえ、難しいことは必要ありません。「相手のために何ができるか」を考えられれば、十分webライターに向いていますよ!

コツコツ作業できる人

webライターの仕事は地道な作業です。

コツコツと作業するのが好きな人や、毎日少しずつでも一定のペースで作業できる人は、webライターに向いているでしょう。

毎日に大きなインパクトはないかもしれませんが、小さな幸せを満喫できる人は、webライターがおすすめです。

一人でも作業できる人

一人で仕事をするのが好きな人や、黙々と作業するのが苦じゃない人もwebライターに向いています。

例えば、オフィスや職場など、人が多い場所での仕事が苦手な人もいるでしょう。

webライターは、場所を選ばずに仕事ができるため、一人になる環境を作りやすいです。

一人で作業するのが好きな方や、一人での作業が苦じゃない人はwebライターに向いてると言えるでしょう。

ぽこ

仕事内容にもよりますが、気づいたら1日誰とも話さない日も…

webライターは「やめとけ」と言われるほど稼げないのか?

はたして、webライターはやめとけと言われるほど稼げない職業なのでしょうか。

webライターは、コツコツと継続して、正しく努力できれば稼げるようになる仕事です。

一方で、未経験から挑戦する方や初心者の場合は、稼ぐまでに時間がかかります。

副業や専業を含め、生活の柱になるほどのライター収入を得るには、数ヶ月〜数年の期間がかかるケースが多いでしょう。

webライターの稼げる条件と成功例

webライターとして稼ぐには、日々努力をし続けることが重要です。

どのようにすれば、執筆スピードが上がるのか、単価をあげられるのか、常に考え工夫する必要があります。

また、ライティングの仕事を通じて、新しい仕事への可能性を感じた場合は、どんどん挑戦する行動力も大切です。

webディレクターやプロデューサー、webデザイナーなど、さまざまな選択肢を作っておくのも良いでしょう。

【やめとけ?】webライターを続ける理由とメリット

webライターは簡単な仕事ではありませんが、たくさんのメリットがあります。

主なメリットは、以下のとおりです。

  • 好きな時間に働けるため、誰かと過ごす時間を作りやすい
  • 場所を選ばずに働けるため、家事や育児との両立がしやすい
  • 個人で働くノウハウが身に付くため、働き方の選択肢が増える

軌道に乗るまでが大変な仕事ではありますが、コツコツと継続できる人にとっては魅力的な仕事でしょう。

webライターに興味がある場合は、まずは挑戦してみるのがおすすめです。

ぽこ

現在、webライターで成功している人も、皆同じ道を通ってきています!ツラい時は「皆も一緒」だということを、思い出してみてくださいね。

【webライターはやめとけ?】実際にやってみないとわからない

この記事では「webライターはやめとけ」と言われる理由を解説しました。

webライターは、確かに楽な仕事ではありません。とくに始めたての頃は、思うように稼げずに悩むこともあるでしょう。

しかし、メリットも多い働き方ですし、コツコツと努力できれば稼げる仕事でもあります。

文章を書くことに苦手意識を感じる方も多いですが、向き不向きは実際にやってみないとわかりません。

webライターに挑戦する際は、ぜひこの記事を参考に、長い目で取り組んでみてください。

ぽこ

以下の記事では、未経験からwebライターになるまでの流れを詳しく解説しています。興味があれば、ぜひ読んでみてくださいね!

いつもありがとう
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

複業ライター│介護福祉士│フリーランス│ライターで本業収入超│ピアノ歴20年超│会社員にしばられず個人で稼ぐ力を鍛え中│

同じ方向を見ている皆さんと、一緒に成長していけたら嬉しいです。同じ時代を共に過ごしましょう。

もくじ