【2/14まで期間限定54%オフの660円〜】お得にブログを始めたい方はここをTAP

【当てはまる?】webライターに向いてる人の特徴と素質

【当てはまる?】webライターに向いてる人の特徴と素質

読者の気持ち

webライターってどんな仕事をする人なの?
webライターに興味はあるけど、自分にできる自信ないなぁ…

ぽこ

ちなみに、あなたはwebライターに対してどのようなイメージを持っていますか?意外とイメージと違ってたりしますよ!

webライターの仕事は、ウェブ上の媒体に合わせて文章を書くことです。

文章を書く仕事というと、作家や脚本家のような、難しい仕事をイメージしてしまいますよね。

webライターの仕事は、悩みがある人や、知りたいと思う人に対して、適切な情報を届けることです。

難しい言葉や凝った言い回しが使いこなせるような、特別な才能は必要ありません。

ぽこ

webライターに対して、自分の中でのハードルを上げすぎてしまっている人が意外と多いです。

この記事では、webライターに向いてる人の特徴を紹介します。

【この記事でわかること】
  • webライターに向いてる人の特徴
  • webライターの仕事内容
  • webライターになる方法

ぜひ、この記事を参考に、webライターに向いてるかチェックしてみてください。

webライターになるには、ウェブライティングを学ぶ必要があります。一人での学習に不安がある場合は、スクールを利用する方法もありますよ!

興味があれば、以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

もくじ

webライターに向いてる人の特徴

これから、webライターに向いてる人の特徴を紹介します。

当てはまる項目が多いほど、webライターに向いているでしょう。

ぽこ

1つでも当てはまれば、webライターに向いていると言えますよ!

webライターに向いている人の特徴は、以下のとおりです。

1つずつ確認してみましょう。

パソコンが好きな人

webライターは、ほとんどの作業でパソコンを使用します。

ぽこ

タブレットやスマホでも可能な作業はありますが、本格的に活動するならパソコンが必須です。

そのため、パソコンを触るのが好きな人や、日常的にパソコンを使ってる人は、webライターに向いているでしょう。

とくに、キーボードを打つのが得意な人や好きな人にとっては最適の仕事です。

とはいえ、webライターは最低限のパソコン操作ができれば作業ができるため、苦手でも問題はありません。

一人で仕事するのが好きな人

webライターは、ほとんどの作業を一人でおこないます。

仕事のやりとりも、チャットツールや通話ツールを使用するのが一般的です。

すべてのやりとりをオンラインで完結できる場合が多いため、一人で仕事するのが好きな人はwebライターに向いているでしょう。

ぽこ

対面のコミュニケーションが苦手な人にとっては、ベストな仕事環境ですね!

家事や育児の合間に働きたい人

webライターは「いつでも・どこでも・好きなだけ」仕事ができます。

1日の中で決まった就業時間はなく、納期に間に合えば自分のペースで作業を進めて問題ありません。

そのため、家事や育児が忙しく、まとまった時間がとりづらい人は、webライターの働き方が向いているでしょう。

通常の仕事のような通勤にかかる時間がないため、スキマ時間を有効活用して働けるのがwebライターの利点です。

自己管理ができる人

webライターには、一般的な仕事のような「始業時間・就業時間」がありません。

納期に設定された期日までに間に合えば、好きなペースで仕事ができます。

そのため、1日のスケジュールやタスク管理は、自身でおこなわなければいけません。

自己管理能力は、webライターにとって必要不可欠な要素です。

明確な目標がある人

普段から、明確な目標がある人はwebライターに向いているでしょう。

ほとんどのwebライターは、会社に属さずに働くフリーランスです。

webライターとしての実績や収入を伸ばすためにも、”自分自身”という会社を発展させていかなければいけません。

日頃から、目標を立てるのが上手な人や、明確な目標を持っている人は、webライターでも成長していけるでしょう。

電話よりメールが好きな人

webライターは、ほとんどのやりとりをチャットやメールでおこないます。

なかには、zoomなどの通話(ビデオ通話)を使用する場合もありますが、多くはありません。

そのため、電話が苦手な人やできればメールの方が良いと考える人は、webライターのようなワークスタイルがおすすめです。

電話よりもメールでのやりとりが好きな人は、webライターに向いてるでしょう。

気持ちが繊細な人

気持ちが繊細な人は、webライターに向いているかもしれません。

読者の気持ちに深く寄り添い、相手に配慮した表現ができるのは、繊細な人の武器です。

その他、webライターは、好きな場所・好きな時間に仕事ができるため、自分の体調と相談しながら作業を進められます。

精神的なことに不安がある方や、体調面が心配な方は、webライターの働き方が向いているでしょう。

webライターに向いてない人の特徴

続いて、webライターに向いてない人の特徴を紹介します。

もし、当てはまった場合でも、やる気や努力でカバーできるため、参考として受け取ってみてください。

向いていない人の特徴は、以下のとおりです。

それぞれ確認してみましょう。

すぐに結果を求める人

未経験からwebライターを目指す場合、最初の数週間〜数ヶ月は思ったように稼げない可能性があります。

webライターでの収入を増やすためには、焦らずにコツコツと続ける努力が必要です。

そのため、短期間ですぐに結果を求める人は、webライターに向かないかもしれません。

webライターに挑戦する場合は、長期的な視点で計画を立ててみましょう。

頭を使わずに働きたい人

webライターは、頭を使う仕事です。

何も考えずに働きたい人や、頭より身体を使って仕事をしたい人には向きません。

webライターは、読者の悩みを深く想像したり、伝わりやすい言い回しを探したり、常に頭をフル回転させます。

頭を使いたくない場合は、別の仕事を探すのが無難でしょう。

時給制の収入が欲しい人

基本的に、webライターの仕事には時給の概念がありません。

記事を執筆し、納品が完了した時点で報酬が発生します。

そのため、1記事にかける時間が増えるほど、時間あたりの収入は下がります。

確実に働いた時間ぶんの収入を確保したい場合は、webライターとして会社に入るか、別の仕事を探すのが良いでしょう。

一人での作業がつらい人

webライターは、一人で黙々と作業を進めます。

一般的なオフィスワークと違い、誰かと同じ空間で働く機会はほとんどありません。

そのため、一人で仕事をするのがつらい人や、孤独を感じやすい人は、webライターの環境はつらいかもしれません。

ぽこ

もし、孤独を感じた場合は、オンラインサロンやSNSなどのコミュニケーションツールを活用するのがおすすめです!

パソコン作業がつらい人

webライターの仕事は、工程の9割以上をパソコンでおこないます。

デスクワークが苦手な人は、webライターには向かないかもしれません。

その他、液晶画面が原因で眼精疲労や肩こり、頭痛などの症状が強く出てしまう人は、別の仕事を探すのが無難でしょう。

ぽこ

椅子に座って作業するのがつらい場合は、スタンディングデスクを導入するのもおすすめです!

スケジュール管理が苦手な人

webライターの働き方には、決まった就業時間がありません。

期日にさえ間に合えば、いつ仕事をしても大丈夫です。

その分、作業のペース配分やタスク管理など、納期までのスケジュールを自身で細かく設定する必要があります。

自己管理が苦手な場合は、自身に合う管理方法を探すか、webライター以外の選択肢を用意しておいたほうが良いかもしれません。

職場でしか作業ができない人

自宅やカフェなど、プライベートな空間だと作業が進まない人がいるかもしれません。

ぽこ

環境に縛られないと仕事ができない!って気持ちもわかりますよね…

webライターは、書いた記事数に応じて報酬が発生します。

プライベートと仕事の区別がうまくできずに作業量が減ってしまうと、収入にも影響が出てしまいます。

そのため、環境によって仕事の進み具合が大きく変化してしまう人は、個人で働くwebライターは難しいかもしれません。

【向いてる?】webライター適正チェック

ここまで、webライターに向いている人と向いてない人の特徴を解説しました。

読者の気持ち

うーん、自分はwebライターに向いてそうだけど…本当に大丈夫かなぁ?

もう少し確認したい人のために、webライターに必要な素質を10個紹介します。

いくつ当てはまるか、ぜひチェックしてみてください。

もし、該当数が少ない場合でも、落ち込んだり諦めたりする必要はありません。

ぽこ

やる気と努力が一番の才能ですよ!

該当数適正コメント
0〜1webライターの適正値は低いかも…
やる気と努力でカバー!
2〜5webライター適正あり!
webライターに興味があればトライしてみよう。
6〜8webライター適正高いです!
webライターを楽しめるでしょう。
9〜10webライターにピッタリ!
仕事でもプライベートでもwebライターで学んだことを活かせそう!

1つずつ確認してみましょう。

面倒見が良い

webライターは、さまざまな人と連携して仕事をおこないます。

面倒見の良さは、webライターにとって重要な要素の一つです。

本を読むのが好き

日頃から本を読んでいる人は、言葉の引き出しが多い傾向があります。

レパートリーの多さは、webライターでも重宝するでしょう。

ぽこ

本を読むのが好きな人は、リサーチも上手なケースが多いです。

工夫することが好き

webライターは、執筆した分だけ報酬が発生します。

作業の進め方を工夫できる人は、webライターでもうまくいくでしょう。

人に頼ることができる

素直に人に頼ることができる性格も、webライターに向いています。

webライターは、作業のほとんどを一人で過ごしますが、仕事はチーム一丸で回します。

人に説明するのが得意

webライターは、わかりやすい文章を書くのが仕事です。

人に説明するのが上手な人や得意な人は、webライターに向いているでしょう。

気になったらすぐに調べる

webライターは、誤った情報を記載してしまわないように注意しなければいけません。

気になることがあった時は、すぐに調べるクセをつけておくと良いでしょう。

誰かの役に立つのが嬉しい

webライターは、誰かの困りごとを解決するのが仕事です。

誰かの役に立つのが好きな人は、webライターに向いています。

個人で稼ぐ力を身につけたい

webライターは、すべてのマネジメントを一人でおこないます。

会社以外の働き方を身につけたい人も、webライターがおすすめです。

ぽこ

個人で稼ぐ力が身につくと、働き方の選択肢が増えますよ!

トークの引き出しを増やしたい

webライターは、さまざまな内容の記事を書くため、幅広い知識が身につきます。

webライターを続けることで、トークの引き出しは自然と増えていくでしょう。

最新技術をいち早く入手したい

webライターは、仕事の際にさまざまなウェブツールを活用します。

ライター仲間や仕事仲間から、最新の情報が入ってくる機会も多いでしょう。

webライターの仕事内容

webライターの仕事は、ウェブ上にある記事コンテンツの執筆です。

執筆ジャンルに規定はなく、幅広い内容の記事を作成します。

webライターが手がける記事の一例は、以下のとおりです。

  • 企業メディアのコンテンツ作成
  • 個人ブログの記事執筆
  • 商品やサービスの紹介
  • インタビュー記事
  • 動画の台本作成
  • ニュース記事
    など

このように、webライターは、文字を使ってさまざまな読者へ情報を届けます。

ぽこ

webライターに特別な才能は必要ありません。コツがわかれば、どなたでも書けるようになりますよ!

webライターの収入

基本的に、webライターには時給や月給のような固定の報酬はありません。

記事を納品した分だけ報酬が発生します。

報酬の算定方法は主に2種類で、それぞれ以下のとおりです。

  • 文字単価=1文字⚪︎円
  • 記事単価=1記事⚪︎円

そのため、作業ペースや単価によって、それぞれ収入は異なるでしょう。

ぽこ

もっとも一般的で案件数が多いのは、1文字0.5円〜3円あたりです。

webライターに必要なスキル

webライターは、文章を使ってさまざまなウェブコンテンツを作成します。

これから、webライターに必要なスキルを6つ紹介します。

内容は、以下の画像のとおりです。

それぞれ確認してみましょう。

最低限のパソコン操作スキル

webライターは、作業の9割ほどをパソコンでおこないます。

そのため、基礎的なパソコンの操作スキルは必要になるでしょう。

とはいえ、とくに難しい操作は必要なく、キーボードが打てれば作業は可能です。

ウェブライティングスキル

webライターは、ウェブ上のコンテンツを作成します。

そのため、ウェブに合わせたライティングスキルが必要です。

ウェブライティングの経験がない場合は、事前に学習しておきましょう。

SEOライティングスキル

webライターには、SEOの知識が求められます。

SEOとは、検索エンジンから記事を探してもらうための施策です。

想定読者に適切な記事を届けるために、事前にSEOについて学んでおくと良いでしょう。

コミュニケーションスキル

webライターは、さまざまな人と連携して仕事をおこないます。

仕事をスムーズに進めるためにも、最低限のコミュニケーション能力は必要です。

ぽこ

連絡は、基本的にメールやチャットツールを使用するため、電話が苦手な人でも大丈夫ですよ。

スケジュール管理能力

個人で働くwebライターは、一般的な会社のような就業規則がありません。

納期までのペース配分や1日のタスク管理など、すべて自身でおこないます。

スケジュールを管理できる能力は、webライターに必要不可欠な要素です。

情報収集スキル

webライターは、さまざまな場面で情報収集やリサーチが必要になります。

情報を正しく読み取る力や、欲しい情報を検索するためのスキルが必要です。

情報収集が苦手な場合は、普段から調べるクセをつけておくと良いでしょう。

webライターに必要なスキルの学習方法

これから、webライターに必要なスキルを学ぶ方法を紹介します。

主な学習方法は以下のとおりです。

  • 書籍や動画で学ぶ
  • サロンに参加する
  • スクールを利用する
学習方法メリットデメリット
書籍・動画勉強にかかる費用を抑えられる他の方法と比較して学習に時間がかかる
サロン他のライターとの交流の場が持てる基本的に月額制のため固定費がかかる
スクール最短で効率よく学べる他の方法と比較して費用がかさむ

それぞれの状況に合わせて、自身に合う方法を探してみましょう。

一人での学習が不安な場合は、スクールの利用がおすすめです。

スクールに興味がある人は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

ぽこ

無料で学習体験ができるスクールも紹介しています!無料でも基礎的なことを学べるため、利用しておいて損はないでしょう。

webライターになる方法

webライターになるために特別な資格は必要ありません。

パソコンとインターネット環境があれば、webライターになりたいと思った瞬間から挑戦できます。

別の記事では、未経験からwebライターになる方法を丁寧に解説しています。

興味がある人は、ぜひ下記もあわせて読んでみてください。

ぽこ

一から丁寧に解説したため、かなりのボリュームになっています。最後まで読んでいただければ、webライターになるノウハウをゲットできます!

【まとめ】webライターに向いてると思ったら挑戦してみよう

この記事では、webライターに向いてる人の特徴を紹介しました。

webライターの仕事には、確かに向き不向きがあるでしょう。

一方で、やってみないとわからないのも事実です。

ぽこ

向いてないと思ったのに、やってみたら意外と楽しかった!なんてことも珍しくないですよ。

webライターに興味を持ったのも、何かの縁かもしれません。

この記事を読んで、少しでも向いてそうだなと思った場合は、webライターを検討してみると良いでしょう。

以下の記事では、実際の経験をもとに、本業と副業webライターを両立させるコツを解説しています。

ぜひ、あわせて読んでみてください。

いつもありがとう
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

複業ライター│介護福祉士│フリーランス│ライターで本業収入超│ピアノ歴20年超│会社員にしばられず個人で稼ぐ力を鍛え中│

同じ方向を見ている皆さんと、一緒に成長していけたら嬉しいです。同じ時代を共に過ごしましょう。

もくじ